自由気ままな少年日記
管理人が大学生活を中心に日記を書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島原発 日本のロボット事情
今回も大学の講義で学んだ話です

ニュースなどでは日本のロボットは福島第一原発時現場に入らず、
実際に入ったのはアメリカのロボットと言われています。

しかし実際にはこれは違うらしいのです。

実は日本のロボットの方が先に入ってるらしいのです。
ではなぜメディアは日本のロボットを全く取り上げないのか、
これには主に3つ理由があります。 
 1. メディアの人間のロボットに対する認識の違い
 2. ロボットという言葉を使える団体の制限
 3. 大きな実績を上げられていない

1についてです、
日本のメディアはロボットがどういったものか勘違いしているんですね
ヒューマノイドロボット以外はロボットに見られていない。
そのため中々この手のロボットについては紹介がされない
実際大抵の人はロボットと聞くと二足歩行するロボットを想像するのではないのでしょうか
しかし二足歩行ロボットロボットはかなりの少数派です。

2について
これは自分も聞いて驚いた話なのですが、
ロボットという名前を使ってよい団体は限られいるらしいのです。
例えば自分の会社で何らかのロボットを作ったとします
しかしそれを勝手に「~ロボット」という名前で売りだすことはできないんですね。

3について
これはそのままの意味ですね。
ではなぜ実績が上げられないのでしょう。
それは日本の法律と体制に原因があります。
 
1 放射能に耐性を持つロボットが作られていない
→日本政府は軍のパーツを絶対に一般層には提供しないため
(→パーツが足らない為作れない)

2 日本政府は特定の場所からしか工業製品を買わない
→どんなに最先端の技術を生み出しても売れない
→作る意味が無い
→作らなくなってしまう
    
授業を聞いたのち、(´・ω・`) ショボーン といった感じでした。
日本のロボットも現場に入っていたというのは嬉しかったけどね
関連記事

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
まとめtyaiました【福島原発 日本のロボット事情】
まとめwoネタ速neo 2012-05-26-Sat 07:31
今回も大学の講義で学んだ話ですニュースなどでは日本のロボットは福島第一原発時現場に入らず、実際に入ったのはアメリカのロボットと言われています。しかし実際にはこれは違うら... [続きを読む]
Copyright © 2017 自由気ままな少年日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。