自由気ままな少年日記
管理人が大学生活を中心に日記を書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『われ敗れたり』(2014年3月23日)
タイトルから将棋通の人なら分かるかな?

将棋を知らない人からすると??ってタイトルかと思います。

別に私が将棋で負けたことを記事にするわけではありませんw

今回は1冊の本を紹介しようと思います。

bonkuara.jpg

米長邦雄永世棋聖の第1回将棋電王戦の話が書かれた本です。

私は当時電王戦の存在を知っていましたが見ることはしませんでした。

個人的な意見ですが

将棋会館3つを合わせても電源が足りないような無茶苦茶なコンピューターを使いたいって時点ではっ?って感じでした。

最終的には電源が足りないので2800ワットとなりましたが、2800ワットってどれくらいか知ってますか?

一般家庭ですがエアコン2台、32型液晶TV1台、掃除機、冷蔵庫、洗濯機、照明これ全てを同時に使う電力くらいらしいです。

正直バカバカしくて見ませんでした。

勝てるワケないじゃないですかw

1秒間に1800万手読む機械ですよ。

以上の理由で見もしなかったのですが今日書店に定跡の本を買いに行ったところこの本があったので買ってみました。

率直に言って非常に興味深く、米長先生の将棋に対する熱意がすごく伝わってきました。

買ってすぐにスタバで目次を読み米長先生がどれだけの準備をしてきたかに驚きました。

その後すぐに家に帰り棋譜並べ

米長先生の6二玉からのどっしりとした将棋に対し、ただ漠然と美濃囲いをし歩交換をしながらひたすら飛車が横に動くさまは非常に面白かったです。

米長先生の作戦が成功し、攻める方法が見つからずボンクラーズがひたすら手待ちしている状態ですね。

これで相手が人間なら攻め方が見つからず困った顔をしながら時間を使わないように手を回してる感じになったんですかね。

正直米長先生がここまで圧倒するとは思っていませんでした。

コンピュータに対する戦い方ってのもあるんですね(正しくは癖を見つけてそこを突く)

結果的にはミスをしてしまい米長先生が負けてしまいましたが非常に興味深くためになりました。

将棋を指している方はぜひ読んでみてください!

P.S.
累計:35勝21敗(.625)
Lv初段
感想:初段に上がってからめっちゃ負けました。定跡の本買ってきたので勉強しなおします!

関連記事

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 自由気ままな少年日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。